2020年01月16日

No 38 1月10日(金)、上尾市図書館協議会が開催され、「上尾市図書館の在り方」の審議がされました

1月10日、第4回図書館協議会が開催されました。
  議題は「上尾市図書館の在り方について」
 

この議題について2回目の審議で、委員からの意見は活発でした。
出席委員=12人中7人(欠席が多かった)、 図書館職員=6人、傍聴者=8人

提出された資料の骨子 

1, 目指すべき姿の構成
    下記の2〜5に掲げる8点が、「目指すこと」の柱
2, 資料や情報の収集など基本的機能の充実
 ア、 図書館の基本的な機能の更なる充実を
 イ、 地域の歴史や文化、行政などの資料の積極的な収集を
3, 多様なニーズに対応するサービスの提供 
 ア、 レファレンス対応を強化し、市民の課題解決に資する取り組みを
 イ、 ニーズの高いI T設備の導入を
4, 教育力の向上のための支援
 ア、 生涯学習の拠点として市民の学びと活動の循環を
 イ、 若者向けのサービスを充実させ、地域教育力の向上を
5, 時代に合わせた環境の整備
 ア、 利用者ニーズや利用実態を考慮したレイアウトや備品の見直しを。
 イ、 サードプレイスとしての居心地の良い図書館の構築を
6, 留意すべき点
    現状の図書館ネットワークは可能な限り維持。
    老朽化の進行する施設への対応は、市の他の計画を踏まえて検討を進める。
7, 各館(室)の方向性
    老朽化のため対策を急ぐべき4館=@本館、A瓦葺分館、B平方分館、C上平
   それ以外の5館は、それぞれ改善充実の課題の重点を明示して実現を目指す。
8, 上平複合施設の図書館分館機能について目指すこと
 ア、 基本機能の充実。
 イ、 サードプレイスとしての図書館を目指し、居心地の良い空間の構築。
 ウ、 ニーズの高いI T設備の導入。(自動貸出機や返却機、公衆無線LAN)

委員からのご意見に注目した点 

1、他の図書館との連携についての提案が不十分と思う。
  「ヤングアダルト」という言葉が使われているが、定義が不明。
  中学生に対する読書指導活動の強化が大切と考える。
2、分館の運営状況を見ると、基本作業が不十分と思われ、委託業者には、きちんと指導でき
  る担当者が配置されているのか。 本館の職員からのチェックは行き届いているのか。
   指導とチェックが連動していないのではないかと懸念される。
3、司書と他の職員とのディスカッションを活発に行っているニューヨーク公共図書館の映
   画を見た。司書の役割をもっと強化することが必要と思った。
   図書館は、単なる「本の倉庫」であっては駄目だ。
4、 指定管理者についての記述が、「過去の(図書館協議会)の答申にとらわれることな
   く」と述べていることは中立性がなく、事務局の案としていかがなものかと思う。
   この意見を受けて、委員長から補足して、前の委員会の答申は尊重すべきとの意見が
   述べられ、図書館長が、「表現を見直しします」と表明することになった。
5、地域のニーズにもっと寄り添い、各分館に特徴が持てるようにしたらどうか。
6、蔵書も、金太郎飴のようにどの分館にも同じ本を揃えるのはもったいない。部分的に
   分担して特徴を持った方が、トータルでは無駄が少なく効率的である。
   上尾の分館は子どもの本が中心になっている。高齢者の利用が多くなっていること
   に対応すること、全世代型の蔵書にしていくことが必要だ。
7、司書は、日本の法律では必ず配置しなければならないとされていない。住民の理解
   と要求が高まらないと、行政は積極的に司書を配置しようとしない。いい図書館を
   作って行くためには住民の力が必要である。
8、上平に新たな分館を作る計画を検討するに当たって、上平公民館図書室を統合する
   ことが明確にされていないことはおかしい。上平に二つの図書館を持つことは他の
   地区に比べて不公平でもあり、無駄と思う。
9、現在の上平公民館図書室は、館ではなく室。規模も小さく、新聞も置かれていない。
   分館を含む複合施設を計画する場合は、距離も近い所なので、当然現在の図書室は統
   合して、その代わり充実した分館を作ってほしいというのが住民の願いである。
   居場所として滞在できる施設であってほしい。幼児コーナーや、郷土資料コーナー
   なども実現してほしい。

市民ウオッチャーとしての感想 

 事務局職員からの提案に対して、委員から専門家としての見識を持った意見や、地域
住民でかつ図書館に関心が深い立場での意見が次々と出されました。委員の多くが、上
尾の図書館の現状に問題を感じ、大きく改善していくことを望んでいることを感じました。
 事務局の提案は、堅実とは言えますが、現状を大きく変えていく内容は乏しく、これ
では先進的な他市の図書館に追いついていくことは難しいと委員の方々も考えておられ
るものと思われます。
 「いい図書館を実現して行くのは市民の力」、といわれた言葉をしっかり受け止め
たいと思います。
 今回、傍聴者が多かったので、委員の方々は、市民にも目を向けて意見を述べてお
られたように感じました。
今後も、傍聴(ウオッチング)に多くの市民が出かけるように努めたいものです。

次回(令和1年度第5回)の図書館協議会は、
2月17日(月)午後1時半からの予定
 



資料     上尾市図書館協議会委員名簿
 


img129.jpg










posted by ひろみ at 10:19| Comment(1) | 上尾の図書館

2020年01月10日

No 37 上尾市議会令和2年第1回臨時会のサプライズ

新議会・令和2年第1回臨時会が開催され、
議長・副議長、及び、各委員の委員長・副委員長が選出されました。
委員長・副委員長は全会派から選出され、これまでとは大違いの変化が実現されました!
 


 月9日、9時半から、新議員による初の議会として第1回臨時会が開催されました。
 傍聴席から見て右手の席には、3人掛け、3列で合計9人の座席に「彩の会」の議員が着席していました。
 中央の4人掛け3列で合計12人の座席には、公明党の5人と「政策フォーラム・市民の声あげお」の7人が着席し、左手の3人掛け、3列で合計9人の座席には、無会派の4人と日本共産党の5人が着席していました。
 一目瞭然にこれまでとの会派構成の違いが目立ちましたし、若い議員が増えて、フレッシュな議会へと変化したことが感じ取れました。
 議会事務局長から、恒例により仮議長として、最年長議員を指名することが宣言され、日本共産党の池田達生議員が議長席に着いて挨拶し、開会しました。
 畠山市長が新議員の当選を祝すと共に、今年は「信」の字を大切に市政を進めていきたいと挨拶し、執行部の3役(市長・副市長・教育長)並びに、14人の部長職を紹介しました。

議長には大室尚議員、副議長には長沢純議員が当選 

 続いて議長選挙が行われ、30人全員が投票し、立会人3議員の立ち会いの下、開票作業が行われた結果、有効投票は28票,無効(白票)は2票でした。
 得票数は、大室尚議員が14票、井上茂議員が13票、浦和三郎議員が1票で、大室尚具委員が当選と決まりました。僅差の選挙結果でした。
 大室尚新議長から受諾の挨拶を受けた後、副議長の選挙が行われ、開票の結果は、有効投票28票、無効(白票)は2票と、議長選と同じでした。
 得票数は、長沢純議員14票、小川明仁議員が12票、井上茂議員が2票で、長沢議員が当選と決まりました。
 長沢副議長からの挨拶を受けた後、暫時休憩に入り、再会されたのは11時50分でした。
その間、代表者会議が開催され、各委員会の委員長・副委員長の選出について、協議が行われていました。
最大会派「彩の会」から、6つの委員会のうち3つの委員会の委員長は彩の会に与えてほしいとの申し入れがされたことを巡って議論されたとのことです。
 結局、代表者会での協議でこの申し入れを了解するに至らず、各委員会毎に選挙を行うことを基本にそれぞれ論議することになりました。

各委員会の構成メンバーと委員長・副委員長一覧 

 選挙の結果、同数で決まらないところは抽選で決定するなどもあり、結果は別表の通りでした。
 6つの委員会(6人の委員長)に当選したのは、
「彩の会」=2人(総務、議会運営)、
「政策フォーラム・市民の声あげお」=3人(文教経済、都市整備消防、議会法編集)、
「日本共産党」=1人(健康福祉)でした。
「公明党」はゼロで終っています。
 副委員長に当選したのは、
「彩の会」=1人(総務)、
「政策フォーラム・市民の声あげお」=1人(議会運営)
「日本共産党」=2人(都市整備消防、議会報編集)
「公明党」=1人(健康福祉)
「無会派」=1人(文教経済)
 議長・副議長は、代わり映えしませんでしたが、委員長、副委員長は大幅に、一挙に変わることになりました。

 今後、「議会改革特別委員会」「予算員会」「決算委員会」なども編成していくことになりますが、それらも注目されます。
 これから4年間、「上尾の市議会は変わった」と言われるようになるように、議員諸氏の努力を期待したいものです。

img127 (2).jpg

img128 (2).jpg



posted by ひろみ at 00:51| Comment(3) | 上尾市議会本会議

2020年01月09日

No 36 調布市立図書館に関する資料のご紹介


「上尾の図書館の在り方」を考えるために
調布市立図書館に関する資料のご紹介
 


 1月10日(金)10時から開催される「令和元年度第4回上尾市図書館協議会」の議題は、「上尾市図書館本館の在り方検討について」となっています。
 3月までに第5回も予定されており、その会議で結論が出されることが予想されます。
 上平地区への移転と複合施設計画案が市民の声を聴かずに強行されようとしていたことが、工事が本格的に始まる直前に、島村前市長と田中元議長が同時に逮捕された事態のもとで一時中止となり、出直し市長選挙で当選した畠山氏は公約通り「計画の見直し」を実行したことにより、上平での建設工事は中止とされ、このたびは、改めて図書館本館の在り方が検討されることになったことは、歓迎すべきことです。
 しかしながら、図書館協議会の委員のみなさまにすべてお任せするのではなく、市民が関心を深め、自らも調査や学習をして、より良い図書館の実現のために建設的に要望や意見を出していくことが大切になっています。

 調布市は、東京都世田谷区の西側に隣接し、人口は上尾市とほぼ同じ、面積は上尾市のほぼ半分という条件の下で、中央図書館と,10カ所の分館を持ち、図書資料は上尾の2.3倍、市民一人当り年間貸し出し点数は上尾市の約2倍を達成しており、市民の満足度は高いレベルの街です。
 私は、調布市立図書館についての資料を集めてみて、上尾の図書館の在り方を考える上で調布市は最も優れた先進例の一つと感じています。
 以下、その資料の内容をご紹介します。

1,2019年12月16日「朝日新聞」朝刊の切り抜きのコピー 

仕事の現場を紹介する「at wark」シリーズの第1回目、「図書館1,調査支援」
  「調布市立図書館」訪問記。大きな記事ですので、二つに分けてコピーを作りました。
@ 映画のまち「お宝」書庫 答え探す楽しさ 後押し
A ユニークな資料やカフェ 多様化進む

img123.jpg

img125.jpg


2,岩波新書「生きるための図書館―― 一人ひとりのために」
竹内さとる著 2019年6月発行
 

カバーのコピー 3カ所の文章が秀逸
  この書の「第一章 地域の図書館を訪ねて」で紹介されているのが、「調布市立図書館」
「1, 自宅から歩いたところの図書館に」で、
   調布市立図書館のある分館で1日過ごして、見たこと、聞いたことを紹介。
「2, 市の図書館」で
   調布市立図書館の概要と特徴を紹介

img126 (2).jpg


3,調布市立図書館と、上尾市立図書館の比較表 

            調布      上尾       比較
@ 人口       23.7万人    22.8万人    ほぼ同じ
A 面 積      22 ㎢      45 ㎢      2 対 1
B 小学校     公立20、私立2  公立22     ほぼ同じ 
C 中学校     公立11,私立3  公立12     ほぼ同じ
D 大学        5       1       5 対  1  
E 図書館     中央1,分館10  本館1,分館8  11 対  9
F 所蔵資料      137万点    59万点    2.3 対  1
G 同市民1人当り    5.9点     2.6点    2.3 対  1
H 貸し出し点数    264万点    135万点    2  対  1
I 同市民1人当り    11.4点    5.9点     2 対  1
J 一般会計歳出    868億円    623億円    1.4 対  1
K 資料購入費市民1人当り395円    151円     2.6 対  1
L 正規職員数       62人    19人     3.3 対  1
M 内司書有資格者     44人     2人    22 対 1
N 専門嘱託員       155人  委託72人     2.2 対  1
O 正規+専門嘱託員    217人     91人     2.4 対  1




posted by ひろみ at 08:55| Comment(0) | 他市の図書館ウオッチング