2020年04月29日

No 83 「緊急事態宣言」から3週間の感染拡大の結果

新型コロナウイルスの感染者は、世界で300万人を超え、
死者数は21万人を超えました!
日本では、「緊急事態宣言」が発せられてから3週間が過ぎました。
この3週間の感染拡大の結果は以下の表の通りです。
 

img202 (2).jpg

 上尾市の感染者数は2.7倍になったと言っても8人です。
 亡くなられた方はゼロをキープしたままです。
 しかし、この状態のままで収束を迎えることができるでしょうか。
 日本では、PCR検査を受けた結果、陽性と判定される人の比率(陽性率)がどんどん高くなってきています。
 東京都では36.9%と驚くべき高さになっており、埼玉県でも13.2%に及んでいます。
 これは、100人中13人の感染者が検査を待っていることを証明しています。
 検査が遅れれば遅れるほど感染者が溜まり、感染を広げて行くわけで、危険な状態です。
 自粛して家に閉じこもっていても、家庭内感染を防ぐことは出来ません。

 こうした状況に警鐘を鳴らす学者や医師の発言が活発になっています。
 当ブログでも4月14日、No75で、ノーベル賞受賞者の本庶佑京都大学特別教授の「緊急提言」を紹介しました。
 3項目の提言がされていますが、その第1がPCR検査を急速に増やす、毎日1万人以上に急速に増やすことでした。
 本号では、東京の状態が深刻になっているとして、東京大学先端研がん・代謝プロジェクトリーダーの児玉龍彦先生と立教大学の金子勝特任教授による「東京を止めなければ日本が滅ぶ」と題する対談をYouTubeの動画でご紹介します。

 YouTube ニュース「デモクラシータイムス 」
 「東京を止めなければ日本が滅ぶ」
 

DSCN1458 (2).jpg

以下のURLを、Ctrlキーを押しながらクリックしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=gyZiZFXbJbs&t=42s



posted by ひろみ at 23:40| Comment(0) | 新型コロナウイルス感染症

2020年04月28日

No 82 PCR検査センター開設のさまざまな事例を比較して検討できるようになってきました。

PCR検査センター開設の二つの事例をご紹介します。

@ 埼玉県西部の三芳町
民間の病院(クリニック)の快挙!

YouTube  「FNNプライムオンライン・ニュース」
 「注目『24時間PCR検査』の病院」
 埼玉県三芳町の「ふじみの救急クリニック」


DSCN1452.jpg

以下のURLを、Ctrlキーを押しながらクリックしてください。約3分間の動画でご覧になれます。
https://www.youtube.com/watch?v=BZq3cAbfgYk&feature=youtu.be&fbclid=IwAR2ijC5hsJgRxBTKjEmq3jrUFqE1Hjz-jLuMPxFlIIofegPSIex8wD36Auo

 「ふじみの救急クリニック」は、救急科と脳神経外科の専門病院です。
 病床は10床と小規模ですが、MRIやCTなど検査機器は整っています。
 新型コロナウイルス感染症が急速に広がること、PCR検査の需要が急増することを予測して、プレハブの個室病室9室を駐車場敷地に建設したとのこと。
 PCR検査については、上の写真の通り、簡易なウオークスルー式の「検体採取」所を屋外に設置。医療従事者に飛沫がかかる危険は少なく、3分ほどで採取が可能です。
 「検体」は外部の専門の「検査会社」に委託して、結果は翌日報告されます。
 診察やレントゲン検査、CT検査などは屋内で、他の外来患者とは動線を分けて行います。
 入院が必要と判断されたら、即プレハブの個室病室に入院できるのです。
 しかも、PCR検査は24時間対応を表明しており、驚異的な機能を担っています。

A埼玉県東部の越谷市に、市と医師会が
共同開設した「地域外来・検査センター」

  県も「発熱外来PCRセンター」の計画で検討している「ドライブスルー方式」での「検体採取」を、この越谷「地域外来・検査センター」が先駆けて取り入れています。
 「朝日新聞」の4月28日朝刊で、詳しく紹介していますので、その切り抜きのコピーを掲載させていただきます。 @の三芳町のPCR検査と比べてみてください。

img201 (2).jpg





posted by ひろみ at 21:20| Comment(0) | 新型コロナウイルス感染症

2020年04月25日

No 80 上尾市にPCR検査センターの設置を早期に!

PCR検査を抑制していた実態を保健所長が告白した埼玉、
確かに、病院のベッドが足りず、感染しているのに自宅で療養しながら待機している人が357人もいます。
こんどは、自宅待機していた方が、急速に病状が悪化して相次いで2人、死亡されたことが報道されました!
 

 国の言うとおりにしていたら医療は崩壊すると、各地で、医師会と都道府県や市が連携してPCR検査センターを設置し、医師の判断で速やかに検査を進める動きが広がっています。
 それに押されて、安倍首相もPCR検査を毎日2万件実施することを目指すと言うようになりましたが、PCR検査センターの整備のための予算は組んでおらず、医師会や自治体が費用を持ち出さなければ進まない状態です。
 大野知事は、遅まきながら県内に最大23カ所のPCR検査センターの設置を進めると具体化案を示しました。並々ならない決意を感じます。

「自宅待機・自宅療養」では、「家庭内感染」も心配です。 

 加藤厚労大臣は、軽症者療養は宿泊施設で療養を基本とすると表明しましたが、具体化は都道府県や市にお任せです。
 大野知事は、「われわれの責任は重い」と反省を述べ、ホテルの借り上げなどの対策を急いで進めていますが、東京のようにホテルがたくさんあるわけではないので、難航している様子です。もっと市町村の協力も求めて可能性を追求してほしいものです。
 上尾市は、現在も感染者数5人、死者0人にとどまっていますが、感染を心配している市民はいるはずで、PCR検査が受けやすくなったら、さいたま市保健所の市長が心配したとおり、受ける人が増え、それにつれて感染者が発見されることが予想されます。
 早く取り組めば早いほど感染者が少ない内に検査ができ、遅れれば遅れるほど多数の感染者を発見することになることは言うまでもありません。
 今こそ畠山市長は、県や医師会と連携して上尾市にも早期にPCR検査センターの設置を実現するために積極的な行動を起こすべきです。
 市議会の会派の多くからも、発熱外来やPCR検査センターの早期設置を要望されています。
 畠山市長は県議会議員、元民主党幹事長などの経歴からしても、大野知事の県政と連携して進むことが期待されているのではないでしょうか。


image0 (2).jpg 


「上尾の図書館を考える会」では、世話人会を
「webミーティング」方式で開催することにしました。
 

 集団で集まることはできるだけ自粛しながらも、情報交換や対話を重視することを大切にするため、パソコンやスマートフォンを使って、映像と音声をリアルタイムで見聞きしながらの会議を実施することにしました。
 高齢者がほとんどの会ですが、4日間練習会を重ねて、なんとかできるようになりました。
明日4月26日10時から、本番をスタートします。



posted by ひろみ at 20:02| Comment(0) | 新型コロナウイルス感染症