2020年03月29日

No 65 新型コロナウイルス感染症の脅威に対するドイツの対応に学びたい

ドイツのメルケル首相が国民に協力を呼び掛けた演説の
「全文日本語訳」を友人が送ってくれました!
感銘を受けましたのでご紹介させていただきます。 


3月18日に行われた演説は、ドイツ国民に受け止められたばかりではなく、
世界の人々から注目されています。
 長文ですので、pdfファイルの添付とさせていただきます。
 下記のファイルをクリックして、開いてお読み取りください。

ドイツのメルケル首相からの国民へのよびかけ.pdf


 NHKwebニュースによれば、3月24日現在ドイツでも新型コロナウイルスの感染者数は2万人を超えていますが、死者数は114人に止まっており、イタリアとは対象的です。
 その記事は、以下の通りです。
 日本もいよいよ大変な事態を迎えています。
 ドイツから学ぶことは多いと思います。安倍首相も、私たち日本の国民も。
 比較して考えて見るために、昨日の安倍首相の記者会見の要旨もコピーを紹介させていただきます。

「ドイツ 感染者2万人 死者114人 死者が伊などより少ない背景は」 NHK webニュース
3月24日 19時54分 

ドイツでは、新型コロナウイルスの感染者が2万人を超えているのに対し、死亡した人の数は114人と、イタリアなどに比べると大幅に少なくなっています。専門家やメディアは、充実した検査態勢や医療体制があると指摘しています。
ドイツでは、新型コロナウイルスの感染者数は2万7436人と、中国、イタリア、アメリカ、スペインに次いで世界で5番目に多くなっていますが、死亡した人の数は114人で、6000人以上の死亡者が出ているイタリアや、2000人以上のスペインに比べると大幅に少なくなっています。

この背景の1つとして指摘されているのが検査態勢の規模です。

ドイツの保健当局の傘下にある国立ロベルト・コッホ研究所によりますと、ドイツでは感染の有無を調べるための検査を、現在、週に合わせて16万件行っていて、今後、さらに増やす方針だとしています。

一方、イタリアでは先月末以降、検査の総数が16万件を超えたのは3週間以上たった今月中旬になってからでした。

AFP通信の取材に応じた首都ベルリンにある大学病院の研究者は、「ドイツでは早期に感染を確認することができ、診断と覚知で先行することができた」と述べ、感染者を早い段階で確認できる検査態勢が効果を挙げているという見方を示しました。

さらに、ドイツにはもともと集中治療に対応したベッドがイタリアのおよそ5倍に当たる2万8000床あり、重症化した患者を治療する医療体制がほかのヨーロッパの国と比べると整っていたことも要因の1つと指摘されています。

また、ロベルト・コッホ研究所によりますと、ドイツでは、感染者の年齢の中央値は47歳で、感染者のおよそ8割が60歳未満となっているということです。

この点、イタリアでは、感染者の年齢の中央値は63歳で、感染者の中に高齢者が占める割合が高くなっています。

ロベルト・コッホ研究所のロタール・ウィーラー所長は「感染者の急激な増加は落ち着きつつある」としながらも、「ドイツは流行の初期段階にあり、今後、死亡者の数が増加する可能性もある」と述べ、引き続き、人どうしの接触を減らすなど感染の拡大防止に努めるよう呼びかけています。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/latest-news/


安倍首相、3月28日の記者会見要旨 
朝日新聞3月29日朝刊が掲載 


img176.jpg




posted by ひろみ at 18:09| Comment(2) | 新型コロナウイルス感染症
この記事へのコメント
メルケル首相の言葉に感動しました。

メルケル首相と安倍首相を並べて語るのは、日本として恥ずかしく、悔しさもこみ上げて来ます。
Posted by 中島秀明 at 2020年03月30日 02:16
メルケル首相のことは、東日本大震災で福島第一原発が地震と津波で崩壊し、メルトダウンを起こした際に、真っ先にドイツは原発を廃止すると決断を示されたことが思い出されます。以来9年を経て、メルケルさんの決断の正しさが世界の人々から認められていると思われます。新型コロナウイルスとの戦いでもどのような先見性とリーダーシップを発揮されるか、注目したいと思います。
Posted by ひろみ at 2020年04月01日 13:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: