2020年03月18日

No 60 3月17日の市議会、総務常任委員会で、「上尾市職員倫理条例」の制定を可決

3月17日、総務常任委員会で、
「上尾市職員倫理条例」は全会一致で可決!
「市長の減給」は、賛成少数で再度否決!

 前の議会では否決された二つの議案が、今回は、明暗を分けました。
「職員倫理条例」の案は、前回指摘された批判を受け止めて、コンプライアンス(法令遵守)担当部署が新設され、弁護士を専門職員として採用し、一般職員4人と合わせて5人の独立性ある職員体制が作られ、内部告発の相談を受ける窓口となることが明確になる提案と評価をされ、全会一致で可決されました。
 他方、ブロック塀事件の管理監督責任を負う処分としての減給の提案は、前回とまったく同じ(給与の10分の一、市長は3ヶ月間、副市長は2ヶ月間の減給)という内容でした。
 100条委員会の中で明らかにされた市長の責任は、管理監督責任だけにとどまっていないと批判されていること、さらには、証人喚問の中での証言拒否は告発されることにまで至っていること、部長職の職員が降格となって、金額にすると年間150万円の減給となることに比較すると市長の減給額総額27万円は軽すぎるなどの意見が出されました。
 総務部からの答弁は、市長が管理監督の不十分以外に不適切な行為をした事実は、100条委員会でも出てきておらず、前回と異なる提案をする理由がないということですが、それでは市民の納得は得られないと意見が出されました。
 池田委員(共産党)から修正提案(市長は12ヶ月間の減給)が出されました。
 採決では、委員8人中、修正案は賛成1で否決、提案原案も賛成2で否決となりました。
 23日の本会議でも、このままでは否決になると思われます。
 市長は、議会で同意が得られるような提案を用意できなかった市長と言われることになり、議会も、市民に支持される対案を協議でまとめることができない議会と言われることになるのではないでしょうか。
 副市長は4月からは県庁職員へ復帰することが決まっていますので、もう減給が適用されることはなくなります。
 23日の本会議に、畠山市長がどのような姿勢を示すのか、が注目されます。

3月17日、「『上尾市図書館の在り方』について市民への説明会の開催を求める要望書」を提出しました。 

 畠山市長と池野教育長にあてての要望書を「上尾の図書館を考える会」として、18日朝、島田図書館長に手渡して受理されました。
 内容は以下の通りです。

市長と教育長への要望書 B.pdf
上の文字をクリックして、pdfファイルを開いてください。


お詫びと訂正

3月17日の所、18日と記しておりました。
お詫びして訂正させていただきます。





posted by ひろみ at 00:39| Comment(0) | 上尾市議会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: