2019年12月08日

No 25  「産経新聞」の「現元市長を刑事告発へ」に注目!

 12月7日の新聞朝刊各紙より、
「産経新聞」の「現元市長を刑事告発へ」に注目!


 12月7日の新聞朝刊で各紙とも一斉に報道していますが、「産経新聞」に記事が際立って大きなスペースを取り、「ブロック塀問題の経緯」まで紹介しています。
 特に、百条委員会の決定が全会一致に至った経緯について丹念に触れているのは、産経新聞1紙のみでしたので注目しました。その記事の内容は以下の通りです。
 「百条委は当初、新井元市長が現在は民間人で、高齢者という点や畠山市長を告発しても不受理になる可能性が高い点などを考慮し、告発を見送るべきだとの意見が有力だった。しかし、問題をめぐり、市民から厳しい批判の声が上がったため、最終的に全委員が告発に傾いたとみられる」
 紆余曲折があった様子がうかがえます。この記事を書くためには、記者が大室委員長をはじめ各委員に聞いて回るなどの努力をされたからできたことと思われます。
 さまざまな市民の意見が議会に寄せられていたと思われますが、「上尾の図書館を考える会」も12月3日に300人の署名を添えて「上尾市に『いい市政、いい議会』の実現を願う要望書」を畠山市長と深山議長宛てに提出しており、タイミングがよかったと思っています。その要望書のコピーも添付して紹介します。

「今後のこと」に触れたのは、しんぶん「赤旗」だけ 

 新聞報道で、もう一つ注目したのは、「しんぶん赤旗」の記事で、「大室委員長は『委員会で引き続き、告発について検討を続け、必要に応じて協議していく』と述べました」と書いています。
 誰もが関心を持っている「小林前議長のことはどうなっているのか」という疑問に触れた記事が見られない中で、これで終りではなくさらに検討が続くことを示唆した記事は、1紙だけでした。


 「産経新聞」12月7日朝刊 

img075 (2).jpg


 畠山市長への要望書 (深山議長へも同文を提出)

img079 (2).jpg
posted by ひろみ at 08:22| Comment(0) | 100条調査特別委員会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: