2019年12月06日

畠山市長と新井元市長が同時に『告発』されることになりました

 速報 
本日の第11回100条調査特別委員会で
畠山 稔市長と、新井弘治元市長の
「告発」を全会一致で議決しました!


理由は、
11月24日・25日に開催した「証人喚問」での「証言」について、
畠山市長は、「証言を拒否」したこと、
新井元市長は、「虚偽の証言」をしたこと、
でした。詳細は以下の通りです。
 


畠山市長は、新井元市長及び小林前議長と会食したことを証言していながら、@会食した飲食店の名前については、「お店に迷惑をかけるから」、と証言を拒否していました。また、A食事代は誰が支払ったのかについては、「お金のことだから」、と証言を拒否していました。
糟谷委員から、「畠山市長が述べた理由は、2点とも証言を拒否する正当な理由とは言えない。」、井上委員からは、「大室委員長が、証言しないと「証言拒否」という違法行為に該当することになりますと述べて証言を促したのにもかかわらず、それでも拒み通したことは許せることではない。」などの意見が出され、星野委員から、「告発しても検察庁が起訴しないかも知れないという弁護士からの見解もある」との参考意見もありましたが、裁決の結果、全会一致で告発することが議決されました。

 新井元市長については、海老原委員から、「新井元市長は、『自分から畠山市長に電話した事実はない』と証言していたが、畠山市長の携帯電話の留守録に、新井元市長からの通話記録が残っていたことは動かぬ証拠であり、新井元市長の証言は『偽証』と言わざるを得ない」
との意見が出され、他には意見がなかったので、採決に入りました。
結果は、この件も全会一致で、告発することが議決されました。

小林前議長のことは今回何も提案されませんでしたが、次回は12月20日、13時30分から開催(変更の可能性有り)と提案され、了承されました。
 メディアの取材は多かったので、明日の新聞各紙には大きく報道されると思われます。


posted by ひろみ at 17:08| Comment(0) | 100条調査特別委員会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: