2019年12月10日

No 26 「自転車のまち上尾」は、「かけ声だけ」なのか???

上尾駅周辺の「放置自転車ゼロ」の実態! 

 11月8日〜15日、「放置自転車の一斉撤去等強化対策」が実施されました。
 11月14日(木)の午後4時過ぎの上尾駅西口の様子をご覧ください。
 ものの見事に自転車は見かけません。以前とはまったく様変わりです。
 寒々しく感じましたし、有料駐輪場は満車で、自転車をどうしようと途方に暮れます。 
 商店の前にも止めにくい雰囲気ですし、モンシェリー通りの真ん中の自転車を止めたくなる場所に止めていた自転車数台には、「警告」の札が取り付けられていました。

IMG_20191114_163323 (3).jpg

IMG_20191114_163424 (2).jpg

IMG_20191114_163416 (3).jpg

IMG_20191114_163747 (2).jpg

11月29日、30日になっても、
「一斉撤去等強化対策」は自動的に継続された様子です。
 

 それどころか、いっそう強化されたようです。 
 東口のコンビニの店前に止めてあった自転車に、「警告」札が付けられていたのには驚きました。
 西口の通りはどこも自転車の姿が見えません
IMG_20191129_111200 (2).jpg

IMG_20191130_144418 (2).jpg

西口の有料駐輪場は、11月30日(土)も満車でした。 
ショーサンプラザと並ぶ、「ゼクシス」の建物沿いに設けられている、有料自転車置き場(3時間未満は無料)は便利な施設で、元々利用者が多かったですが、土日は意外と空いていました。しかし、「一斉撤去等強化対策がとられてからは、いつでも満車で、空くのを待っていなければならない状態です。
電車の時間に間に合うように利用したい時などは、利用出来ない駐輪場になっています。自転車置き場を用意せずに撤去を強行するような仕方は、市民本位の市政とは言えません。
IMG_20191130_144215 (2).jpg

IMG_20191130_144223 (2).jpg

12月6日、東口も有料駐輪場はどこも満車でした。
 「広報あげお」11月号に予告記事を出しただけで、やってのけてよいことか?
 

「広報あげお」11月号を読んで、事前に知って備えをしていた人はどれだけいるでしょう。
読んだとしても、1週間のことなら大して困ることはないだろうと、見過ごしていた市民が多いのではないでしょうか。
とうとう1ヶ月が過ぎてしまっており、困った、何とかして!の声が上がっています。
「上尾市都市計画マスタープラン2010」には、「自転車の町上尾」が町づくりの柱の課題として掲げられており、先進的な取り組みと言えると思っていますし、実際に市民の自転車利用がどんどん増えていることは、賞賛し、誇りにすべきことではないでしょうか。
自転車置き場の整備が追いついていないことは行政の怠慢と言わざるを得ません。
「放置自転車」という呼び方自体、悪事というイメージですし、「警告」「撤去」など取り締まりの対象の感じです。「自覚に基づく『協力』を広げる」努力とは、「根本」が違っていませんか???
IMG_20191206_100625 (2).jpg

IMG_20191206_100649 (2).jpg

IMG_20191206_100710 (2).jpg

IMG_20191206_100835 (2).jpg
posted by ひろみ at 11:33| Comment(0) | 自転車のまち上尾