2019年12月13日

No 27 市議選の結果は、「気付けの特効薬」になっているようです。

市議選の結果は、「いい市政、いい議会をつくる」ための
「気付けの特効薬」になっているようです。
 


 12月12日の総務常任委員会と、12月13日の文教経済常任委員会で、素晴らしい「全会一致劇」が見られました!! 

 1,総務常任委員会では、「年代別投票率」の公開を採択 

 総務常任委員会に付託された「請願の審査」で、「年代別投票率を公開するよう求める請願が全会一致で採択されました。
 非常に注目された今回の市議選でしたが、投票率は35.42%にとどまり、前回を下回りました。
 長野市や戸田市の先進的な取り組みの事例を紹介して出された請願で、投票率を高めるための対策を検討する上で、年代毎の投票率を把握することが役立つことが期待されます。
 今回の分は,システムが整備されていないため,手作業で集計をしなければならず,20日間ほど人手を掛けて手作業でやらなければならないのですが、それでも、「次回から回し」にせず、「やってみよう」と全会一致で採択されたことは、素晴らしいことでした。

 2,文教経済常任委員会では、
「平方幼稚園を廃園する条例案」を否決 


 文教経済常任委員会では、付託された第63号議案、「上尾市立学校設置条例の一部を改正する条例の制定について」という、私たち市民には何のことやら分からない名称の条例の制定の可否を問う議案ですが、この正体は、なんと、「上尾市立平方幼稚園を廃園とするための条例」でした。
 児童減少の中でコストが高くつきすぎる、施設も古くなっているなどの理由が挙げられていますが、発達障害児童も受け入れている幼稚園は珍しいことはじめ、質の高い幼児教育が行われてきた幼稚園として、保護者やOBからは存続の希望が強い、保護者から理解を得る努力は極めて不十分、議会の意向を軽視した安直な進め方、教育長や市長は現場の実情も把握不十分、大きな問題なのに対応が無責任、など批判意見が相次ぎ、採決の結果は、提案に賛成はゼロ、全会一致で否決とされました。

 3,選挙の結果が、市民の意向の重さ、大切さに
気付く薬となったのでは 


 この二つの事例を見て私は、現議員によるこれまでの議会の審議とは様変わりと感じています。
 どちらの議論も採決も、市民の意向を大切に受け止めると言う点で一致しており、これまでとは大違いと感じる次第です。
 文教経済常任委員会では,傍聴されていた保護者の方と思われる女性は,感動して涙を浮かべておられました。こんな光景を見たのは初めてのことでした。
 現議員のみなさまにとって、今回の市議選の結果は、市民の意向の重さ、大切さを思い知る大きな機会となったということではないでしょうか。

 このことを,市長や副市長,教育長はじめ市の職員のみなさまにも気付いていただきたいと願うものです。

 次は一般質問で、上尾駅前の路上での自転車の駐車の問題が活発に議論されるものと期待しています。

 4,「広報あげお」の記事には書かれていないことの補足

 前号のレポートで割愛していた、「広報あげお11月号」の記事を以下に掲載させていただきます。
 議員のみなさま、市長はじめ職員のみなさま、そして市民のみなさま、改めて、上尾市の市民への広報の姿勢を吟味してみていただきたいと存じます。

 なお、この「お知らせ」には書かれていませんが、ホームページによれば、撤去された自転車の置き場は上尾警察署の東300mほどのところにあります。
 歩いて引き取りに行くのはなかなか大変です。

 電話での問い合わせは,月〜金曜日、市役所の交通防犯課(048−775−5138)へ。

 引き取りの受付は、毎週、日、月、金、土の4日間の午前10時〜正午の間だけ。

 「撤去手数料」(注、罰金とは言っていません)2,000円を徴収します。

img080 (2).jpg

posted by ひろみ at 19:48| Comment(1) | 上尾市議会

2019年12月10日

No 26 「自転車のまち上尾」は、「かけ声だけ」なのか???

上尾駅周辺の「放置自転車ゼロ」の実態! 

 11月8日〜15日、「放置自転車の一斉撤去等強化対策」が実施されました。
 11月14日(木)の午後4時過ぎの上尾駅西口の様子をご覧ください。
 ものの見事に自転車は見かけません。以前とはまったく様変わりです。
 寒々しく感じましたし、有料駐輪場は満車で、自転車をどうしようと途方に暮れます。 
 商店の前にも止めにくい雰囲気ですし、モンシェリー通りの真ん中の自転車を止めたくなる場所に止めていた自転車数台には、「警告」の札が取り付けられていました。

IMG_20191114_163323 (3).jpg

IMG_20191114_163424 (2).jpg

IMG_20191114_163416 (3).jpg

IMG_20191114_163747 (2).jpg

11月29日、30日になっても、
「一斉撤去等強化対策」は自動的に継続された様子です。
 

 それどころか、いっそう強化されたようです。 
 東口のコンビニの店前に止めてあった自転車に、「警告」札が付けられていたのには驚きました。
 西口の通りはどこも自転車の姿が見えません
IMG_20191129_111200 (2).jpg

IMG_20191130_144418 (2).jpg

西口の有料駐輪場は、11月30日(土)も満車でした。 
ショーサンプラザと並ぶ、「ゼクシス」の建物沿いに設けられている、有料自転車置き場(3時間未満は無料)は便利な施設で、元々利用者が多かったですが、土日は意外と空いていました。しかし、「一斉撤去等強化対策がとられてからは、いつでも満車で、空くのを待っていなければならない状態です。
電車の時間に間に合うように利用したい時などは、利用出来ない駐輪場になっています。自転車置き場を用意せずに撤去を強行するような仕方は、市民本位の市政とは言えません。
IMG_20191130_144215 (2).jpg

IMG_20191130_144223 (2).jpg

12月6日、東口も有料駐輪場はどこも満車でした。
 「広報あげお」11月号に予告記事を出しただけで、やってのけてよいことか?
 

「広報あげお」11月号を読んで、事前に知って備えをしていた人はどれだけいるでしょう。
読んだとしても、1週間のことなら大して困ることはないだろうと、見過ごしていた市民が多いのではないでしょうか。
とうとう1ヶ月が過ぎてしまっており、困った、何とかして!の声が上がっています。
「上尾市都市計画マスタープラン2010」には、「自転車の町上尾」が町づくりの柱の課題として掲げられており、先進的な取り組みと言えると思っていますし、実際に市民の自転車利用がどんどん増えていることは、賞賛し、誇りにすべきことではないでしょうか。
自転車置き場の整備が追いついていないことは行政の怠慢と言わざるを得ません。
「放置自転車」という呼び方自体、悪事というイメージですし、「警告」「撤去」など取り締まりの対象の感じです。「自覚に基づく『協力』を広げる」努力とは、「根本」が違っていませんか???
IMG_20191206_100625 (2).jpg

IMG_20191206_100649 (2).jpg

IMG_20191206_100710 (2).jpg

IMG_20191206_100835 (2).jpg
posted by ひろみ at 11:33| Comment(0) | 自転車のまち上尾

2019年12月08日

No 25  「産経新聞」の「現元市長を刑事告発へ」に注目!

 12月7日の新聞朝刊各紙より、
「産経新聞」の「現元市長を刑事告発へ」に注目!


 12月7日の新聞朝刊で各紙とも一斉に報道していますが、「産経新聞」に記事が際立って大きなスペースを取り、「ブロック塀問題の経緯」まで紹介しています。
 特に、百条委員会の決定が全会一致に至った経緯について丹念に触れているのは、産経新聞1紙のみでしたので注目しました。その記事の内容は以下の通りです。
 「百条委は当初、新井元市長が現在は民間人で、高齢者という点や畠山市長を告発しても不受理になる可能性が高い点などを考慮し、告発を見送るべきだとの意見が有力だった。しかし、問題をめぐり、市民から厳しい批判の声が上がったため、最終的に全委員が告発に傾いたとみられる」
 紆余曲折があった様子がうかがえます。この記事を書くためには、記者が大室委員長をはじめ各委員に聞いて回るなどの努力をされたからできたことと思われます。
 さまざまな市民の意見が議会に寄せられていたと思われますが、「上尾の図書館を考える会」も12月3日に300人の署名を添えて「上尾市に『いい市政、いい議会』の実現を願う要望書」を畠山市長と深山議長宛てに提出しており、タイミングがよかったと思っています。その要望書のコピーも添付して紹介します。

「今後のこと」に触れたのは、しんぶん「赤旗」だけ 

 新聞報道で、もう一つ注目したのは、「しんぶん赤旗」の記事で、「大室委員長は『委員会で引き続き、告発について検討を続け、必要に応じて協議していく』と述べました」と書いています。
 誰もが関心を持っている「小林前議長のことはどうなっているのか」という疑問に触れた記事が見られない中で、これで終りではなくさらに検討が続くことを示唆した記事は、1紙だけでした。


 「産経新聞」12月7日朝刊 

img075 (2).jpg


 畠山市長への要望書 (深山議長へも同文を提出)

img079 (2).jpg
posted by ひろみ at 08:22| Comment(0) | 100条調査特別委員会