2019年11月22日

上尾の図書館住民訴訟「第一回証拠調べ」に参加して得た感動

上尾の図書館住民訴訟「第一回証拠調べ」に参加して
得た感動 


原告の一人  土屋豊子

午前中のクライズ社長、井上拓也氏による証人尋問、対するは谷川弁護士、鈴木弁護士最後に伊須弁護士の追加のような質問があり、一通り弁護側の尋問のあと3人の裁判官の尋問が短くありました。
 内容については我々原告には三人の弁護士によるシナリオのような資料を渡されておりましたので過日何日かに渡った打ち合わせ通りのものでした。中には新証拠とすべき尋問のやり取りがありましたが、それも打ち合わせ内のことでした。

 井上拓也氏については、その答えは概ね「していない」「確かではない」「記憶にない」「当時の社長の決めたこと」と筋を?通していました。その人となりの様子はほんとうに真実みのない「そうなのだろうか?事実なのだろうか?ほんと?」と思わずにはいられないほどでした。この私の気持ちはきっと裁判官氏も共有したに違いないと見受けられました。

 弁護士団は、私たちの期待に応えてくださったと思っています。 
尋問するその姿は背筋が伸び、その声は凛として、谷川弁護士なんて普段の優しげな方とは別人格のご様相をなさっておられました。そこまで尋問の手が証人にまとわりつきそうになるとは想像だにしていませんでした。

午後、上尾市職員鈴木利男氏に証人尋問が移る頃は、法廷の傍聴席は空席が多くなっていました。しかし伊須弁護士の証人尋問が佳境に近づくと、その尋問は激しく、実にドラマチックでした。
法廷内は静まり、被告側の三人(弁護士、上尾市総務課の職員二人)は身を固くして瞬きもせずジーッとして緊張しているようでした。傍聴席は寝る人はなく皆尋問に聞き入っていました。
私は伊須弁護士の背中に目を移し「やってくださるじゃあありませんか」。先生おっしゃるところの【獲得ポイント】、もしかして全部頂けましたか?
うれしくなって、三年間の我慢の、し甲斐があった、と思いました。
 
「この裁判は土地と建物、その補償にまつわる図書館用地買収の全ての有り様が争点であり、この先まっとうな上尾市に近づくために避けては通れない課題ですので、告訴という手段をとりました。が、この件は、今日の税金の悪しき使われ方が、長い間上尾の利権を握っている人たちによってもたらされた中のただの一例に過ぎないかも知れません。
でも、このような運動があった、といつの日か子供たちに語れるときが来ることを願っています。
posted by ひろみ at 05:32| Comment(2) | 上尾の図書館住民訴訟