2019年11月13日

No 21 第9回100条調査特別委員会はわずか10分足らずで終了

 「10人の証人から得た『証言』はどう生かされるのか」
注目の100条調査特別委員会 


第9回100条調査特別委員会はわずか10分足らずで終了 

11月1日(金)午後1時半から開催された第9回委員会の議題は、「記録の提出」について1件のみでした。
その内容として提案されたことは、以下の2点でした。
@ 3人の職員が新井元市長宅へ訪問した昨年の9月28日、宮口道路課長が持参したと証言していた「ブロック塀工事の設計図面」を証拠資料として市に転出を求める。
A 畠山市長が、新井元市長並びに小林議長と会食をしたと証言したことを裏付けるために、「木曽路大宮店の店長に質問状を送って証言を求める。
どちらも期限は11月12日まで。(実際には、1月11日に予定されている第10回委員会までに間に合うように協力を求めるということだと受け止めました。)
10人からの証言の内容に食い違いがあった点を明確にして、どの証言が真実なのかを裏付ける証拠資料や証言を求める段階に入った訳ですが、委員にはあらかじめ情報が提供されていたのも知れませんが、食い違いがあった点を整理して共通認識にすることがこれでは不十分なのではないかと疑問が残りました。
もっと調べることが必要な点は他にもあるのではないかという想いが残ったのです。
しかし、そのような意見は出されず、木曽路の店長への質問文書の案の内容について意見が出し合われ、まとまったところで閉会となりました。
傍聴者は2人だけでしたので、その場ではブーイングはでませんでしたが、軽微な議案だけで短時間内で終わることが予想されていたのであれば、その旨を市民にもあらかじめ明らかにしておく位の親切心があってほしいものだとぼやきたくなりました。
日時の案内だけでなく、議題、終了時刻(見込み)などHP時への掲載を望みます。
それ以上に、本来その会議で、10人の証言の中で食い違いがあった点、法令に反している点、証言拒否が固守された点などの明確化をもっと行うべきではなかったかと思っています。

「上尾の図書館を考える会」から市民の皆様へ
みんなが投票に行きましょう! 


先日ご紹介した原稿で、印刷屋さんが、カラー印刷の見やすいチラシを作ってくれました。
 1万枚を、各地の世話人に分担して、明日から配布を開始します。
 少しでも応援していただける方、ご連絡下さい。よろしくお願いいたします。
  連絡先 メールで、hiromi194011@gmail.com (大友弘巳)へ

img014.jpg


img020.jpg
posted by ひろみ at 23:53| Comment(5) | 100条調査特別委員会