2019年11月02日

No 18 小林守利議員の長男で、「美創建業」代表取締役の、小林美仁氏の「証言」

 小林守利議員の長男で、「美創建業」代表取締役小林美仁氏の証言


➀ブロック塀工事の経緯と内容について 

*7件の随意契約になった工事について、同業者から集めた「相見積書への金額の記入は美創建業が行って市へ一括して提出したと小林議員が『全員協議会』で明言したことについてどう思っているのかとの問いに対して、「自分の判断ではない、市の職員より『上の者から相見積を一括提出してもらうよう言われた』と連絡してきたのでそうした」と答えました。
他社の見積書への見積金額の記入も小林社長が行ったことは間違いないと認めたのに、慣例であり、指示に基づいて行ったと述べています。
問題の中心点は、他社の見積書の金額まで美創建業が勝手に記入したことにあるのに、そのことまで自分の判断ではなく市の職員の指示であったかのように答えているように聞こえました。もしこの言い分通りであれば、市の職員に官製談合防止違反の罪を負わせることになりかねないことです。
美創建業の社長として、市の職員にそのように罪を着せることになることを自覚していながら答弁したのかどうか、再度の尋問を行うべきではないかと考える次第です。
しかも、「これまでも相見積書をまとめて一括提出したことはあったのか」、という問いに対して、「ありました」と答えていましたので、ことは重大であり、厳重な調査が求められることは言うまでもありません。
*「ブロックを工事の途中で、もう1段分上積みした事実はあったか」、との問いに対して、「あった」と答え、そうしたほうが作業がしやすかったからと答え、自分から申し出たことであり、費用はさほどのことでは無かったので追加請求はしていないと答えました。このことは、市の道路課ではどのようの認識しているのか、検証が求められます。
*新井親子がどちらも、「何の連絡も挨拶も無しに工事が始まった」と証言したことについて、小林美仁証人に対して、「地権者に工事開始の挨拶に行かなかったのか」との問いがなされたのは当然の事でした。
驚いたことに、小林社長は、「行きました」とは言わず、「工事開始予告のビラを近隣に配付いた際に、新井宅へも間違いなく配布したことは確認している」と答えました。
工事を開始するに当たって、連絡しない、挨拶にも行かないという非常識なことが本当に事実だったのか、疑問が残りました。
*「そのチラシには、市が行う工事と分かるように書いてあったか?」との問いに対して、「発注者は上尾市と明記してあります」と答えました。
そのチラシは証拠となるものなので、委員会へ提出してもらうことになりました。
*「市の工事を始めるに当たっては、工事表示看板を出す必要があるはずだが、最初は看板が出ていなかったと聞いているが、なぜなのか?」という問いに対して、小林社長が「市から出さないでくれと言われたから」と答えたため、議場と傍聴席でどよめきが起きました。
 「看板を出すなと言ったのは誰か?」との問いに対して、「道路課の職員2人の内の一人」と答弁がされました。この件も、道路課の対応の事実をしっかり調査する必要があります。
*「フェンスの工事は、当初は予定されていなかったのではないか」、との問いに対して、
「知らない」と答え、「フェンスの高さは誰が指示したのか」との問いに対しては、「高さは1mくらいと思うが、記憶は曖昧です」と答えていました。
フェンスのことは曖昧なことが多く、さらに明確にしていくことが望まれます。

 ➁小林守利議員と渇社美創建業との関係について

*「美創建業社と小林議員の関係はどうなっているのか?」との質問に対して、「現在は関係ございません」と答えました。役員ではないし、社員でもないということです。
 小林議員が、都市整備部へ頻繁に出入りして、ブロック塀工事に関わってきたことを、何人もの幹部職員が証言していることについて、美創建業の社業とは関係ないで済ませようとすることは、社長としての社会的責任をまったく感じていないと言わざるを得ません。。
*「小林議員と同居しているのか」との問いに対して、「1階に父が住み、それ以外の家族は2階で生活している」と答えました。「生計費(例えば光熱費)誰が支払っているのか」との問いに対して、「別々にはならないものもあると思うが、これはプライベートなことであり、答弁を控えたい」と述べました。
 「親子の関係の問題ではなく、会社(法人)と個人の区別(けじめ)の問題として聞いている」との問いに対しては、「会社の経費と個人の生計費は別ものと管理している」と答えました。
*「小林議員のことを『会長』と呼んでいるのではないか?」 との問いに対して、「そう呼んでいる人がいる」ことは認めました。
*「父が議員になって美創建業の仕事が増えたと思っているか」との問いに対しての答弁は曖昧で、よく聞き取れませんでした。
*「小林議員が市からの書類を預かってきたり、市への書類を父に託して届けてもらうことはあったのではないか」、との問いに対しては、「会社の職員が受け取ってきたと思っていた」
と答え、「市の仕事のことで小林議員と話し合ったことは無いのか」との問いに対しては「ありません」と答えましたが、疑問が残りました。


posted by ひろみ at 06:19| Comment(2) | 100条調査特別委員会