2019年10月30日

No 16 上尾市役所の幹部職員に対する「証人喚問」――その3

3.保坂 了都市整備部長(現在は退職者)の証言 

➀ブロック塀工事の経緯と内容について 
*いつどのように誰と協議して判断したかの具体的な検討過程についての記憶がまったく曖昧で、宮口課長にお任せにしてきたことが感じられる証言ぶりでした。
*「ブロック塀が傾いているので見に来てほしい」と言われ、調べに行った職員の態度について新井元市長から電話で叱られたため、パニック状態になり、なんとか対応しなければならないの想いが強く、「元々市が行った工事だから市が直すのは当然」という新井元市長や小林議長の主張を飲み込むしかないという方向で対処してきたことを認めました。
*一つの工事なのに7つに分割して入札を回避し、随意契約にすることで、美創建業に一括発注することも可能とする抜け道に同意したことは、特例であり、不適切であることを知っていながら、これしかないと考えて進めてしまったことも認めました。
*島村前市長の下で上平への新図書館複合施設建設計画を忠実に進めてきた教育総務部長の職から、市長が畠山市長に交代した下で、図書館計画の見直しの後始末ではなく、都市整備部長の要職に横滑りできた幸運を大切に考えれば、畠山市長や松澤副市長に相談して慎重に対処すべき立場であると思われますが、「市長や副市長に相談するという選択肢は想い浮かばなかった」と答えたことには驚きました。元市長や小林議長との縁の方が長く深かったことでのしがらみに捉われていた結果と考えられます。
*都市整備部長に就任して半年もたっていない時期であり、定年退職が目前(残りは半年余)に迫っていた保坂氏にとしては、仕事は経験豊かな次長や課長に任せて上に乗っかっていること、安穏に過ごすこと、が一番良いことだったと思われますが、次長、課長まで元市長や議長の影響を受けて行動したことにより、保坂氏の運が尽きてしまったようです。

➁新井弘治元市長、小林守利議員との関係について 
*保坂氏は、40歳頃から新井市長の下で市の中堅幹部職員として働き、新井市長には恐れを感じてきた様子が伺え、退任して元市長になってから10年以上たっている今でも、特別に対応しなければならないという観念を持っていたことが明らかとなりました。
*現場の職員の態度について叱られたので、お詫びに行くことについて、小林議長が同行し、部長、次長、課長が揃って元市長宅へ訪問するというような対応は、ますます元市長の権威を高める原因となる恐れがあり、許されない行為です。しかるに、保坂部長は、カステラを3本も買って、新井元市長だけでなく、新井金作議員と小林議長の分まで用意したと証言しており、自分への風当たりを和らげることばかりに腐心し、今後へのマイナス影響のことは考えもしていないことは、如何なものかと思います。
*新井元市長の意を受けた小林議長が頻繁に都市整備部に出入りし、部長室が次長や課長も集めての小林議員との懇談・交流の場となっていたことを、保坂部長も認めました。
*しかも、世間話だけではなく、畠山市長や松澤副市長のことを気にくわないと非難する内容の話をし合っていることまで明らかにされており、絶対にあってはならないことだと思いました。市長が代わっても、有力議員を介して、癒着してきたつながりや体質が維持されていることは、許されることではありません。都市整備部だけの問題では無さそうに思われ、この際、100条委員会で徹底調査が行われることを望みたいものです。

Bその他、上記に付随する内容について 
*「公務員としてどこを向いて仕事をするのか。市長と部下との関係で、組織人として報告や相談をすることは義務ではないか」との問いに対して、「市で工事することは悪いと思っていなかった(当時)。分割して随意契約にすることはダメなことなので、相談すべきことでは無かった。お詫びするしかない」と答えました。
*「保坂部長が、市長はクリーンにやりたいと言っているが、思うようにいかないこともあると述べていた」という証言が別の人からされているが、事実なのかという問いに対して、「自覚していない。申し訳ない」と答えました。
「畠山市長から聞かれたことはあるか?」という問いには、「6月の井上議員からの質問の後、副市長からはヒアリングを受けたが、市長からは何もなかった」と答えました。
*「新井元市長と小林議長と畠山市長の関係について、誰から聞いていたか」との問いに対して、「小林議長から」と答え、「それは何のことか?」という問いに対しては、「何かは分からないが、アプローチしたが跳ね返されたと聞いている」と答えています。
気になる言葉ですので、100条委員会で究明されることを望みたいものです。
*「次長が人事シートを作っていることについて、相談があったか」という問いに対して、「着任して1年目なので、職員のことをよく知っている次長に頼んだ覚えがある。」と述べ、小林議長と美創建業との関係について、「小林議員は美創建業の社員と見ているのか」との問いに対して、「認識が不十分だった」と答え、小林議員のことを「会長」と呼んでいる人がいる事を知っているか」という問いに対しては、「知らなかった」と答えていましたが、最後の2問への答えには疑問を感じました。


posted by ひろみ at 11:38| Comment(0) | 100条調査特別委員会