2019年10月08日

「上尾の市政&議会」ウォッチング・レポート 号外   2019年9月25日

市議会ブロック塀問題調査特別委員会(100条委員会) 
 9月24日、第4回委員会で、元市長や市当局と議会の幹部ら
 「参考人招致₌2人、証人喚問₌8人」を議決

 今回の委員会の議題は、「調査方法について」一つだけでした。
 委員の中での意見調整は事前に行われており、傍聴者(市民)や、メディアの記者にとっては、結論の報告のような感じでした。
修正箇所の部分の文書が出来上がるまで暫時休憩がありましたが、会議は円滑に進み、全会一致で、以下の内容が議決されたことは、画期的なことであると思います。
新井元市長や小林議員、そして畠山市長がどう対応するかが注目されます。
今こそ、市民の傍聴が大切です。

「参考人として招致」は以下の2人。
10月3日(水)10時から、道路課の職員  
        11時から、松澤副市長  

「証人喚問」は、以下の8人。
10月24日(木)
 10時半〜  宮口前道路課長
 13時〜   蜩c前都市整備部次長
 15時〜   保坂前都市整備部長

10月25日(金)
 9時半〜  新井弘治元市長
 10時45分〜 新井金作市議会議員
 11時30分〜 小林美仁(美創建業社長)
 13時〜   小林守利議員
 15時〜   畠山市長 

   
  埼玉新聞 9月25日朝刊
img207−2.jpg
posted by ひろみ at 11:30| Comment(0) | 100条調査特別委員会