2019年10月07日

「上尾の市政&議会」ウォッチング・レポート No2 2019年8月18日

7月30日 市議会「全員協議会」を7カ月半ぶりに開催
小林氏⇒深山氏へ議長を交代してようやく正常化の一歩へ!
協議事項は、新井元市長と、小林前議長が係わっていた「小敷谷地内フェン
スブロック擁壁撤去・新設工事に係る不適切な対応について」
 先に、市長を初めとする市政の執行部からの説明と質疑応答、約1時間半。
 休憩後、後半は、小林守利議員からの説明と質疑応答、1時間ほど。

[埼玉新聞]の詳細な報道
img176−2.jpg

残された問題
市側からの説明に対する議員からの質疑と、それに対する答弁の中で
*調査のための委員会の体制が次長級のメンバーでは不十分ではないかという
疑問、
*畠山市長は本当に知らなかったのか、予期して予め職員に注意するなど、事
前に防止対策を取るべきでは無かったか、などの疑問が出された。
小林議員からの説明に対する議員からの質疑と、それに対する答弁の中で
*小林議員は、これまで沈黙を守っていたのから一転して、弁明や反論を開
始した。
「しろ」とは言っていない、「できるのではないか」と言ったなど、認識
が違う。
*一つの工事を7つに分割したことは市が主導でやったことで、自分は知ら
ない。
*反省や謝罪の言葉が一言もなかった。
*市側が証拠を揃えて反論することが必要になった。

7月30日夕方、市議会「臨時会」の開催請求が
 9人の議員によって市長へ提出され、市長は開催を決断! 

「全員協議会」の様子からすると、議員が主体の強力な調査体制を作ることが欠かせないと考えられ、「上尾政策フォーラム」と「日本共産党」に所属する
9人の議員から、地方自治法100条に基づく強力な調査権を持った調査委員会の設置を議案とする「臨時会」を開催することを求める請求が提出された。
 畠山市長が決断したことによって、8月9日に召集することが決まった。
2会派の連携による請求が、タイミングよく行われたことにより、他会派からも支持され、8月7日に開催された代表者会(会派代表による協議の場)では100条委員会の設置の方向は合意され、4会派の合意で決議案が提出されることになった。真摯な調査と検討が精力的に進められることを求めたい。

8月9日、「臨時会」で100条委員会の設置を決議!
市議会4会派の代表の合意でまとめられた決議案の要点は以下の通り。
@地方自治法100条の規定により「小敷谷地内フェンスブロック擁壁撤去・新設工事に
関する事項の調査を行うこと、
A10人の委員を選んで調査特別委員会を設置して、この委員会に付託すること、
B地方自治法第100条第1項及び同法98条第1項の権限を上記特別委員会に委任
すること、
C調査は議会閉会中も行うことが出来ること、
D調査経費は、本年度内においては300万円とすること

委員10人の氏名(敬称略)
  星野良行(彩の会)、大室 尚(彩の会)、斎藤哲雄(彩の会)
  前島るり(公明党)、道下文男(公明党)、小川明仁(無会派)
  井上 茂(政策フォーラム)、海老原直矢(政策フォーラム)
  糟谷珠紀(日本共産党)、池田達生(日本共産党)
臨時会休憩中に第1回100条委員会が開催され、委員長と副委員長を互選。
  委員長には大室 尚委員、副委員長には前島るり委員が選出された。
第2回100条委員会は8月27日(火)午後2時から開催すると決定!

事実の迅速な徹底究明と、抜本的な対策の検討を!
「全員協議会」での質疑応答では、市側が作った調査委員会では力不足ではないかとの意見が出され、市側の対応の問題点も指摘されている。他方、小林議員は多岐にわたって弁明や反論を展開しており、現議員の任期が満了する11月末までに究明と対策検討が間に合うのか、「時間切れ」が懸念される。
100条委員会と市側が作った調査委員会とが連携して、迅速に事実の徹底究明を進めることが、何よりも重要となる。


市議会3月定例会での市長の発言に対して「名誉棄損」と告訴、
小林議員が330万円の損害賠償を請求! 「なぜ今頃になって?」 

市議会「臨時会」では100条委員会の設置を全会一致で決め、事実の究明に強力に取り組むことになったその最中に、小林議員が畠山市長に対する名誉棄損の訴訟を起こしたことが、市側から公表され、新聞にも報道された。
小林議員は、議長は辞任しても、議員を辞職するつもりはなく、今の任期11月末までまっとうし、12月1日の市議選で再選されたら市民から信任を得たとして、そのまま議員を続けて行こうとする「時間稼ぎ」作戦であろうか?
 フェンスブロック塀の事件は、小林議員が畠山市長から告発されても不思議ではない事態なわけで、告発されるより先に訴訟を仕掛けて、相打ちに持ち込もうとしているのだろうか。
 いずれにしても、「自分ファースト」のしたたかな対処には驚かされる。

詳しくは、[埼玉新聞]の記事のコピーをご覧ください。
img183−2.jpg

畠山市長は、訴訟にどう立ち向かうのか?
市長には、不適切な支出の原因となった「脅しや強要」を跳ね返せなかった問題を根絶すために頑張って欲しい。そのためには、警察に告発することも必要ではないのか。名誉棄損の訴訟を受けたことを機に、訴訟や告発に積極的に関心を深め、毅然として立ち向かうことを期待したい。図書館用地の買収のために異常な高額の補償をしたことでの住民訴訟への対応も、見直すべきだ。

 上尾の図書館住民訴訟の今、「大詰めの段階に入る!」
11月6日、10時半〜、いよいよ(証人尋問)へ

住民訴訟に至った経緯
さいたま地方裁判所に、3人の市民が原告となって住民訴訟を提訴した2017年1月5日から2年8ヵ月も過ぎているので、記憶が薄れている市民も多いと思われ、訴訟を起こすに至った経緯を簡単に紹介させていただきたい。
上平の図書館建設用地買収のため、上尾市(島村穣市長)が土地代と建物の移転補償費合わせて総額約9,500万円を地権者へ支払うことを決めた。
市民が調べたところ、その地権者「クライズ社」が、その土地建物を元の所有者から買い取った金額は約2,400万円だった。
元値の約4倍を上尾市が支払ったことが明らかとなった。
議会でも厳しく質問がされたが、市側は公共事業で用地買収を進めるためには必要なこと(合法的なこと)と強弁し、2016年市議会9月定例会に提出された買収の提案は、当時の田中守議長の采配の下、賛成多数で承認された。
同年10月12日、市民が見直しを求めて住民監査請求を起こしたが、監査委員会は、12月8日に請求を棄却(却下)した。
急きょ、2017年1月5日、新年の仕事始めの日にさいたま地方裁判所に訴状を提出した。
さらに、広く呼び掛けて第2次監査請求を起こしたことにより、原告を引き受ける市民が48人加わり、合計51人の原告団が確立し、裁判を応援するサポーターも50人に及んだ。

14回に及んだ口頭弁論(公判)
第1回口頭弁論期日は2017年3月22日、第14回口頭弁論期日は2019年7月3日、平均すると2カ月に1回開催されたことになる。
 この間は、訴状に対する答弁書、原告と被告から準備書面(意見書)と証拠書類のやり取りが続き、そのための調査活動が続いてきた。
口頭弁論と言っても、原告団のメンバーが「意見陳述」が出来たのは5回、あとは原告、被告の双方の弁護士と裁判長とのやり取りを聴き、毎回弁護士事務所の会議室で報告集会’交流会を開催して、弁護団からの報告を受けて質疑応答によって裁判の内容への理解を深め合ってきた。
13回目からは、証拠調べ期日(証人尋問)の証人を誰にするかについての交渉に費やされた。結果として、被告側の証人として、クライズ社の井上拓也社長、市の教育総務部職員の鈴木利男氏の二人と決まった。
証人尋問を前にして、鈴木利男氏から「陳述書」が出されてきたので、現在はそれに対しての尋問の準備を進めている。
原告とサポーターのみなさまはもちろん、訴訟の目的に賛同いただける多くの市民の皆様にご注目とご支援をぜひともお願い申し上げたい。

上尾の図書館用地高額買収問題住民訴訟・第1回証拠調べ期日
証人尋問の傍聴にご参加を! さいたま地裁105法廷へ
2019年11月6日(水)
10時30分〜11時20分、井上拓也氏への口頭尋問
14時〜15時20分、   鈴木利男氏への口頭尋問 
posted by ひろみ at 21:59| Comment(0) | 上尾市議会

「上尾市政&議会」ウォッチング・レポート 号外  2019年7月21日

ブロック塀建設での公費不適正支出問題

7月19日、突如、元市長が全額返還!

7月19日午後、上尾市長から市議会議員へ下記の通りの報告がなされました。
上尾市議会議員各位
本日、午前11時、新井元市長の代理人である弁護士が、「小敷谷地内のフェンスブロック擁壁撤去・新設工事」費用相当額である現金693万3,600円を持参したので、上尾市は、これを「小敷谷地内フェンスブロック擁壁撤去・新設工事費用相当額返還金」として受領しました。

なぜ返還に至ったのか?  考えられることは?
住民が監査請求を起こしたこと⇒訴訟に至れば大変なことになる。
  市議会議員選挙が近い⇒新井元市長の長男の新井金作議員の人気が心配。

金さへ返せば済むのか? 繰り返えさせない対策を!

img174-3.jpg




posted by ひろみ at 20:35| Comment(0) | 号外

「上尾市議会6月定例会」ウォッチング・レポート NO 1

「ウォッチング・レポート」の発信に当たって
「第三者調査委員会調査報告書」は、市民に対して、市長や市議会議員への「監視」を呼び掛けています。
それに応えたいと考え、今回、実質13日間の会議日の内、9日間(69%)は議会へ出かけました。
毎日のように議会へきておられる方から、市民が議会へ訪れることに対して「傍聴」という言葉はふさわしくない、というご意見を伺いました。確かに「傍聴」はお上の目線の言葉と私も感じています。
しかしながら、「監視」というほどの厳格な中身はなかなか伴うものではなく、気恥しく思います。
そこで、もう少しソフトな言葉として、英語ではありますが「バードウォッチング」などでなじまれている「ウォッチング」を使うことにしたいと考えました。
「ウォッチング」は、「観察」「観測」「監視」など、幅広い意味で使われています。
以後、上尾の市政と市議会の様子について、「ウォッチング・レポート」と題して、市民の目線でのレポートをお届けしたいと思っています。
基本的にはメールでの発信の範囲内となり、印刷物は限られた地域にしかお届けできません。メールアドレスをお知らせいただければ、以後送信させていただきます。

6月7日(木)令和元年6月定例会開会日の情報収集
市役所1階の右手奥に「情報公開コーナーがあり、そこには議会の議案書が置かれており、自由にコピーをすることが出来ます(有料)。
6月定例会の議案書の目次をコピーさせてもらいました。
 注目点は、@「職員倫理条例(案)」と、A「議員定数削減を求める請願」の2点と認識しました。
午後は、「議会改革特別委員会」の傍聴者となり、@予算委員会の来年度設置案が概
ねまとまったこと、及び、A議会中継が常任委員会と特別委員会まで実施される計画が煮詰まった様子をウォッチングしました。

市議会議員選挙の日程が決まったことを知りました。(市のホームページに掲載)
告示=11月24日、
投開票日=12月1日(日)、
立候補予定者説明会=10月10日午後1時半から、上尾公民館講座室401で開催。
 3か月後には選挙戦が事実上本格化するということであり、残された期間は短くなっています。

6月13日(木)総務常任委員会で、職員倫理条例(案)に対して疑義が出され、「継続審査」となりました。
海老原議員から、案文の内容に欠陥があることが指摘され、提案した当局へ差し戻し、手直しの上、9月議会へ改めて提案し直すこととなりました。6月議会の最初の波乱の一幕。

6月20日、井上茂議員からの一般質問で激震!!
新井元市長と小林現議長が共同して市費を私物化した行為を暴露!

新井弘治元市長の所有グランドのブロック塀とフェンスの建設工事の費用(693万円)を市が負担。
小林現議長が職員に口利き!
井上茂議員がはじめに畠山市長に質した内容は以下のような点です。
@元市長の新井弘治氏の所有地内であることの確認。A費用負担は地権者自身が行うべきものであることの確認。Bなぜ職員が受け入れるに至ったのか経緯、C新井元市長の威圧的言動、D小林議長の口聞きの言動の内容、E美創建業に発注した経緯。

実質は一つの工事を、7件に分割して入札を回避、随意契約として課長権限で発注、他部署からのチェックの審査も検査なく実施
 次いで悪質な手口について究明する質問が展開されました。
合計金額693万円に及ぶ建設工事は、当然、競争入札を行う必要があります。
7つに分割して1件当たりの金額を100万円未満とすると、課長決裁で随意契約とし、審査も検査も道路課の中で済ませることができ、他の部署からのチェックが入らないで完結することが明らかにされました。
これはもう、意図的な犯罪的行為と言わざるをえません。

その上、工事を受注したのは、小林議長の長男が社長を務める土建会社「美創建業」
地権者新井弘治氏が「お前のところでやれ」と言ったからと、美創建業という会社が受注して施工を担当したことも正当な契約関係とは言えない異常なことです。

畠山市長の管理責任や、こうした不正の原因の究明と対策を問い、新井元市長や小林議員の責任追及と損害賠償を求めたい。
畠山市長は、井上議員に指摘されたことは事実であり、あってはならない不適切な支出であったことを認め、深々と頭を下げて陳謝しました。
そしてさらに詳細を調査し、防止できなかった原因と責任を明らかにして9月の議会に報告することを表明しています。
私たち市民としては、畠山市長のお詫びを受け止めて済ませられる問題ではなく、新井元市長や小林議員の刑事責任を追及するとか、小林議員の議員辞職を求めること、
新井元市長と小林議員に対して損害賠償を請求することなど求めたいものです。

井上議員の質問をヤジで妨害し、「バカヤロー」とののしった野本順一議員の言動は、許せない行為でした。
井上議員の質問の最初から弥次を飛ばし続けて議事を妨害し、終いには「バカヤロー」とののしって侮辱した野本順一議員の振る舞いは、到底許せるものではありませんでした。
同じ会派「新政クラブ」の同僚議員がたしなめることもしなかったことは、容認する行為とも言え、反省が求められます。
これについては、その後、上尾政策フォーラムから懲罰動議が出され、上尾の市議会の史上初めて、懲罰特別委員会が設置されることになりました。

6月21日、池田達生議員の質問で、戸崎パークゴルフ場の利用状況は、計画の4分の1であることが明らかに!
6月1日に18ホールでオープンしたパークゴルフ場の利用状況は、6月16日までの間の営業日13日間合計で319人でした。
 1日平均は24.5人に過ぎず、計画100人と比べると4分の1です。
 このままでは赤字が大きくなると心配され、結果として市の財政で赤字の穴埋めをしなければならなくなります。
図書館本館の上平への移転計画と並んで島村市長と田中議長が進めてきたパークゴルフ場計画は無謀なものだったことが明らかとなりました。残りの土地をどう活用するかもシビアに見直すことが必要です。
 地元の市民の声を押しつぶし、市長の意向でゴリ押しした施設づくりが市民に損害をもたらす典型的事例となっています。

6月24日、議会運営員会で「議員定数削減の請願」を審査。
市民の有志が「議員定数削減に関する請願を提出しました。
 紹介議員として、上尾政策フォーラムの井上議員の他、新政クラブの小川議員も名を連ねていましたので注目しましたが、議会運営委員会の審査では、請願に賛成したのは上尾政策フォーラムの浦和委員だけでした。新政クラブと公明党は他市との比較を議員報酬も含めて総合的に検討すべきと反対。日本共産党の委員は、元々定数削減は基本的に反対の見解。本気の議論にならないであっさり終わった感じです。

6月25日、新政クラブが解散、11人は「彩の会」を結成。小林議長と新井議員(元市長の長男)は無会派に!
20日の井上議員の質問の後すぐに動きが始まっていたと考えられます。
初めは、小林議員と新井議員以外の議員が、2人に対して新政クラブから退会してほしいと求めたのが、拒否されたようです。
24日には小林議長、新井代表を残して11人が新政クラブを離脱することが決まり、残り2人では会派として成立しないことから、25日の朝には新政クラブの解散が公表されました。 
11人は新会派「彩の会」の結成を届け出、代表は深山孝議員が就任しました。
深山議員は長く無会派を通してきて、昨年末に新政クラブに加入したばかりの新参ですが、「彩の会」の代表に躍り出ることになりました。
小川議員は、27日には何故か「彩の会」を退会して、無会派となりました。

6月26日、懲罰特別委員会が開催され、全会一致で、野本順一議員は「陳謝文」を読み上げて陳謝 と決定
委員長には公明党の道下委員が選ばれて会議を主宰。
 冒頭に、池野委員から、懲罰動議を提出した理由の説明を聞き、質問はなし。
 本人から釈明を求めることになり、野本議員が入場したら質問が相次ぎましたが、まともな答弁はされず、「バカヤロー」と言ったことは反省している、興奮状態でよく覚えていないとだけ。陳謝文の案を全会一致で採択。閉会日に本人が朗読しました。

6月27日、議会閉会日冒頭に、小林議長は辞任を表明。理由は「一身上の都合」とだけ。全会一致で賛成。議長選挙で、新議長には深山孝議員が10票で当選
前日の情報では、閉会日の議事が終わった後に、小林議長が議長職の辞任を表明すると聞いており、それはおかしいと思っていました。
 おかしいの声が多かったせいでしょうか閉会日の朝、議長席には長沢副議長が着座しており、小林議長辞任の件が議題となりました。理由は「一身上の都合」とだけ、
質問無しで直ちに採決、全員賛成で可決。
暫時休憩の後、新議長選出のため選挙を実施。得票数10票で「彩の会」の深山議員が当選。長老の嶋田一孝議員が病欠、野本議員は懲罰ということで、深山議員が一躍議長に上り詰める幸運を得ました。

小林議員に辞職を求めることを議案とする件、浦和三郎議員はじめ4議員からの緊急動議を受けて議題に追加。浦和議員から「小林守利議員に対する議員辞職勧告決議(案)を朗読して提案、賛否両論の意見が出され、採決では賛成少数(9)で否決。
小林議員のことは、3月議会で畠山市長から明らかにされていた問題に釈明もせず沈黙したまま、全員協議会は12月以来開催を拒否、そして今回、新井元市長と手を組んで市費の不正な支出に関わったことが明らかになったわけで、議長を退くだけで済まされて良いかという問題となりました。
 上尾政策フォーラムの4人の議員から小林議員に対する議員辞職勧告決議を検討することを求める議案が提出され、議題として追加することになりました。
 浦和議員から決議案が提案され、討論では、賛成意見は共産党だけ、「彩の会」と公明党は、まだ究明が不十分、時期尚早、辞職は重過ぎるなどを主張してかばい、採決の結果は賛成が9に止まり、否決されました。

「波乱」の議会を踏まえ 「本物の改革」を進めるために!
 入札制度の見直し(審査、検査機能の強化など)、 職員倫理条例(案)の見直し、 政治倫理条例の検討は第三者委員会からの提言に沿ってやり直す、小林議員の議員辞職を求める、 市民の「監視」(ウォッチング)の強化、 市議選への市民参加(投票に行こう運動、公開質問、議員の実績公開など)
井上議員からの質問で明らかにされた異常な不正は、市民からの情報提供(動かぬ証拠となった写真付き)がきっかけとなって、証拠集めが進んだことによって暴くことが出来たと聞きました。
 小林議員の議長辞任をはじめ、新政クラブの解散、職員倫理条例と政治倫理条例の検討はやり直しとなったことなど、大きな変化が起きました。希望は見えてきました。
 しかし、本物の改革を進めるためには、これから上記の項目を進めて行くことが必要と思われます。
 










posted by ひろみ at 12:27| Comment(0) | 2019年6月議会